Challenge SEA TO SUMMIT

TEAM Rustic Craft の戦い

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: kayak   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 1

カヤック沈脱練習会

薪焚き人です。

本番に向けて、カヤック・トレーニングの仕上として、沈脱練習会を決行。
場所は、もちろん桂島。先生はもちろん、しまねシーカヤックスクールの森山さん。

個人的には、幸い今まで沈の経験がない(沈する状況では漕いでない)ので、さて、海中でひっくり返って冷静でいられるものかと?

座学でのレスキュー講座を1時間受け、いざ海へ。
今日は、快晴で最高のカヤック日和。と言っても水温は低く、ウエットスーツをお借りしての海中特訓。

再乗艇する際のバランスポイントの確認。

バランスポイント0001

2人1組でのバウレスキュー。これは、レスキューに行く際の艇のコントロールも大事。
いざ、自らひっくり返って海中へ。

沈now0001

今日は、水中眼鏡をしているので、海中からのレスキューの艇の様子もわかるし、スプレースカートの位置も確認できるし、意外と落ち着いて沈脱はクリアー。

ただ、セルフレスキューで自力で再乗艇する際の泳力やバランス力は、慣れてないと結構な体力消耗になるなと。時間がかかってもパドルフロート使った方が簡単に再乗艇できるかな。
再乗艇にもがいております。

再乗艇now0001

本番までに沈脱への心構えができて良い練習になった。
ただ、沈しない判断力、バランス力、ストローク力が備わればゆうことなし!
スポンサーサイト

Category: kayak   Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 1

桂島練習キャンプ

RioNelです。
桂島のキャンプ&練習ドロップボックスにUPしました。
カヤックの写真よりその他キャンプの写真が多いかもです(#^.^#)
かいくん2

Category: kayak   Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 1

連休はカヤック沈脱練習

薪焚き人です。
連休の後半がスタートですね。皆さんのご予定は?

我が家は、4(金)~5(土)を桂島でキャンプで過ごします。カヤック&バイク&釣りキャンプ!
個人的なテーマは、カヤックでの沈脱&セルフレスキュー。SEA TO SUMMIT のカヤック・エントリーにはセルフレスキューができることが前提とされてますので、沈しないにこしたことはないのですが、本番で沈したら焦るだろうから、沈の事前練習を5(土)の午前中にみっちりと。

4(金)の夜は、もちろん焚火フフフ。岳が釣ってくるであろう?獲物を晩ご飯に期待して。
お暇な方は、ご一緒しませんか!

Category: kayak   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

日野川~大山練習UPしました。

RioNelです!お疲れさまでした!
ドロップボックスにUPしました。ご覧ください。
SEATO.jpg

Category: kayak   Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

強風波浪警報の中の海トレ

こんにちは、薪焚き人です。

今日は、かねてから予定していた桂島でのシーカヤック練習日。今回も当チームのスーパーアドバイザーのしまねシーカヤックスクールの森山さんにお世話になります。
前回の練習予定が悪天で中止だったため、今回は内湾ということもあるので、多少の風雨でも決行しましょう!ということで、雨降る中を出発。

現地に着いたら、おっ、雨が上がるではないですか。さすがの晴れ男パワーの発揮か!と思いきや…

今日の練習メニューや、ウエアの選択などの話を聞いて、いざ海へ。ちょっと風強いなあ~
カヤックは、大会当日もレンタル艇でお世話になるので、実際に乗るものを選択して練習開始!

5分、10分漕いだだろうか。ちょっとだけ岸から離れていた時、突風に横からあおられ、『あちゃ~、沈する時ってこんな感じ~』と思いながらもなんとか持ちこたえ、船首を風上にと思う間もなく、風下に向けられ背中で強風を受けながら、流されまいとバックストローク。強風にあおられて波も立つ立つ。

少し離れたところで、WOOさんも流され始め、それでも必死に風上に船首を向けてフォワードストローク。それでも前に全く進まないほどの強風。風速15m近くはあったと思うよって、後から。

何とか流されまいと持ちこたえているところに、危機を遠くで察した森山さんがフォローに。冷静にストローク、姿勢を修正して、船首を180度回転させ風上に向け、何とか沖から脱出!ふ~、やばかった。これ以上の風が吹いたら、大会当日はカヤックステージ中止になるよ、という中で、その危機を何とか技術で脱出できる良い体験ができました。

その後は、比較的に風を受けない場所で、360°ターンやバックストロークを練習、風がある程度引いてからより強くフォワードストロークをする練習を往復してこなし、最後にストロークしている様子をビデオに撮ってもらって、陸に上がってから自分のフォームを研究。

20120401065623.jpg

20120401065750.jpg

2時間ほどの中身の濃い練習になりました。
今日の様子は、WOOさんブログでも。

途中、齋藤キャメラマン夫妻もいらっしゃって(ご苦労様です!)、バシャバシャしてもらいました。その様子は近日Dropboxで。

次回のシーカヤックは、大会会場である日野川河口から外海(状況によっては河口内にて)での実践練習会。6kmという距離を漕ぎ切れるペース配分や、浜に沿ってコース取りをする際の離岸流や横波対策。午前中にそれをこなして、午後から大山博労座駐車場を目指して自転車で実際のコースを試走する予定。

漕ぎ切れるのか?
大山まで上がれるのか?

トレーニングあるのみです。
03 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:薪焚き人
FC2ブログへようこそ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。